【那賀高校新1年生へ】高校での勉強・試験対策のコツって何?

【那賀高新1年生へ】高校での勉強や試験対策のコツは?

 

那高新1年生の皆さん、合格おめでとうございます。まだ春休み中ですので、高校生というイメージはないかもしれませんね。春休みの課題は順調に進んでいますか? 学校が始まるとすぐにテストがあります。課題はしっかりやっておいたほうがいいですよ。どのクラブに入るかはもう決めたのでしょうか。いろいろと気になることもあると思いますが、那賀高校での勉強が本格的に始まる前に知っておくと役に立つ情報をお伝えしますね。

 

高校の授業は、中学校のときよりずっと早いスピードで進みます。1回の授業で進む量も多くなります。これはⅠ型でもⅡ型でも変わりません。(※以前はⅡ型のほうがかなり授業が早く進むこともありましたが、最近は1年生の最初のうちは大きな差が出ない教科が多いようです。)それで、前もって勉強しておかないとテスト前だけでは間に合いません。しかもただ教科書を覚えたり問題を解いたりするだけでは点数は伸びません。本屋さんに行っても、那高にぴったりの問題集があるわけではありません。では、どうしたらよいのでしょうか?

 

コツは、①ポイントを押さえて勉強をすること ②前もって少しずつ勉強しておくことの2つです。例えば、英語のテストで出題される単語や出る文法などは毎年ほぼ同じです。数ⅠAでも、出題形式や問われる要点はほとんど変わりません。優俊ゼミでは、那高の試験の傾向をしっかり把握して授業が行われます。ですから、塾の授業を大切にしてください。1週間に1コマの短い時間ですが、その中に重要なポイントが凝縮されています。塾の授業で言われたことをさぼらずに、普段からコツコツと続けてください。その努力は裏切りません。

 

まずは高1最初の5月の定期考査を頑張りましょう。第1回定期考査は1年間でもっとも点数が取りやすいテストです。これからの定期考査はどんどん難しくなり、平均点が40点程度になることもあります。それで成績上位を狙うために今回のテストは非常に大切です。

 

那賀高校の定期考査は中学に比べると平均点が低く、自分の実力が落ちたように感じると思います。中学のときのように、簡単には点は取れません。それで、普段の塾の授業を大切にして、とにかく”出る”と言われた問題をしっかり勉強し、”大事”と言われたポイントを覚えるようにしてください。これをしっかり続けましょう。5月になると試験対策期間がスタートします。授業はまだ始まっていませんが、今から良い準備をして、最高のスタートダッシュをかざりましょう!

 

勉強の仕方がわからなかったり不安なことがあったりする場合は、いつでも塾で先生に相談してください! 一緒に最高のスタートを切りましょう!

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  優俊ゼミ 那賀高校・岩出中学専用塾

  0736-69-1263 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士