岩出中学生の皆さんへ:進級おめでとうございます。中学生の皆さんにこの時期伝えたいこと。

  新学年を迎えて、気持ちも新たに4月を迎えようとしておられることと存じます。希望と不安が入り混じったお気持ちかもしれません。この時期に中学生の皆さんにお伝えしておきたいことをまとめました。

 

  中3の皆さんは、いよいよ受験学年ですね。まだまだ一年先のこと、と思っていないでしょうか。実はそうではありません。受験の第一段階はすでに始まっているのです。中3はとにかく評定(内申)対策に力を入れることが重要です。毎回の定期テストが入試と同じほど大切です。ご存知の通り、中学3年生の評定は2倍されます。そのためこれまで思うように評定を伸ばして来られなかった生徒さんは3年生で挽回することも可能です。特に1学期の中間テストは得点を伸ばしやすいテストです。ここでしっかり点数を稼いでおきましょう。1学期の中間と期末で結果を残せれば、入試に余裕を持って臨めます。逆にここで点数を取らないと、定期テストが難しくなる2学期以降は厳しくなってしまいます。和歌山県の公立高校の入試の場合、評定の差を挽回するには本番でかなりの実力を必要とします。中学生の場合は、1回1回の定期考査が受験に直結しているということをぜひ意識するようにしましょう。優俊ゼミでは中3の指導では特にしっかり定期テストで得点を取ると同時に、徐々に受験用の「本物の」実力も身につけていけるように指導してまいります。もしもう少ししてから塾を選ぼうと思っている方がいらっしゃれば、ぜひ早めに体験授業を受講なさってください。中3の後の時期になればなるほど不利になります。今から塾で対策をしっかりしておけば、余裕を持って1学期のテストで評定を上げて、志望校選びが楽になります。この時期からの入塾をぜひお勧めいたします。

 

   中学2年生は気分的に中だるみしやすい時期です。しかし、3年間では勉強がある面で最も難しく、受験学年への橋渡しという点で重要な時期だと言えます。例えば中学2年生の英語では、多くの生徒が苦手とする不定詞が出てきます。2年生は学校生活を楽しむ時期ではありますが、同時に勉強面で油断できない時期であることを忘れないようにしましょう。具体的には塾の授業を大切にして予習を怠らないこと、塾で出される宿題は確実にこなすこと、学校の提出物や宿題は確実にこなすことが重要です。もし勉強の面でわからないことがあれば、後回しにしないでハイブリッド個別指導や少人数授業のときに質問して必ず解決するようにしましょう。わからなくなれば塾に通う、ではなく、わからなくなる前に塾に通うことを中2の皆さんにはお勧めします。

 

  新中学1年の皆さん、ご進級おめでとうございます。中学1年生の皆さんは、「中1ギャップ」という言葉をご存知ですか? 「中1ギャップ」という言葉は、勉強のスピードや難しさなど小学校との大きな違いにショックを受けることを指して使われる言葉です。でも安心してください。中学1年の1学期中間テストは中学3年間でもっとも簡単なテストであり、だれでも100点を取れる可能性があります。最初からあまり心配する必要はありません。しかし逆に言えば、1学期期末テスト以降、特に2学期中間テスト以降は急激にテストが難しくなります。そのことを忘れないで、新中1の皆さんは徐々に中学生活に慣れていってください。優俊ゼミでは中1の皆さんがつまずきやすい時期とポイントを把握しています。徐々に難しくなる学習内容やテストに対応できるようにサポートしてまいります。「中1ギャップ」で気持ちがくじけてしまわないように、優俊ゼミでは勉強面と共に感情面でもサポートできるようにしてまいります。

 

   最後になりましたが、本年度も優俊ゼミをよろしくお願い申し上げます。

 

 【岩出中学専用塾 優俊ゼミ】

  0736-69-1263

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士