秋にかけてはどんな勉強が必要ですか?

  関西の私立大学入試の最初の本番は、11月から始まる公募推薦入試です。ただ「推薦入試」と言っても、実際には一般入試と同じで、ほとんど学科試験で合否が決まります。ただ一般入試と比べて、問題の難易度は高くなく、科目数も少なくなっています。ここで最初の合格を勝ち取ることによって、後の受験プランが楽になってきます。

 

  公募推薦入試合格のためには、そしてその先の一般入試合格のためには、秋の時点で標準レベルの問題を確実に得点できるようにしておくことが重要です。特に勉強の成果を確認するために、1カ月に1年分のペースで志望校の過去問を解くようにしましょう。過去問は解いただけで終わっていませんか? 過去問は解いた後が大切なのです。過去問をやってみると、自分の苦手・弱点分野が分かってきます。いつも同じ出題形式、いつも同じような分野で間違っていませんか? 自分の弱点を見つけて重点的に対策できるようにすることを忘れないでください。

 

  秋までに意識しておいてほしいことに志望系統の情報収集です。大学入試は高校入試とは勉強の範囲も量もケタ違いです。しかも毎年のように入試制度が変わり、入試の特徴を賢く使わないと損をすることになります。何も準備しないまま流れに身を任せて入試シーズンに突入し、失敗してから作戦ミスに気づくということもありえます。そのような作戦ミスによる不合格を避けるために必要なのはどんなことでしょうか?

 

 次回はそのことを考えましょう。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 那賀高校

 岩出中学 専用

 個別進学塾

 優俊ゼミ

◆◆◆◆◆◆◆

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士