「夏休み中」にはどんな勉強をすればいいのですか?パート1

  前回までは夏休みに入るまでの勉強について考えました。少し早いですが、1年の計画を立てるためにも夏休みの勉強方についてもお伝えしておきますね。

 

  夏休みは、受験の山場ともいえるとても大事な期間です。この過ごし方で合否が決まると言っても言い過ぎではありません。特に那賀高校の夏休みは短く、ちゃんと計画を立てていないとあっという間に終わってしまいます。夏休みからは、全教科の対策を始めてください。優俊ゼミの「ライブ授業」+映像個別指導「ウイングネット」を受講して勉強量を確保しましょう。過去問の出題傾向を分析して、必要な対策に時間をかけるように計画を立ててください。

 

  私立文系は社会の対策をスタートさせましょう。11月から始まる私立大学の公募推薦入試ではかなりの学校で古文が出題されます。古文はコツをつかめば勉強量が少なくても得点アップが望める科目です。自己流で勉強しても成績は伸びにくいので、優俊ゼミの受験対策講座を受講して効率よく対策しましょう! また、社会は公募推薦ではほとんど使いませんが、秋から入試レベルの問題に取り決めるよう基礎事項を夏休みの間に暗記しておくことがとても大切です。ぜひ夏の間に、過去問にもチャレンジしておきましょう。

 

  国公立文系の場合は、センター試験対策を本格的にスタートさせてください。文系志望者は理科と数学が手薄になりがちです。特に数ⅠA・ⅡBの勉強量が多いので注意してください。しっかりした学習プランを立てて、勉強し忘れたという科目や分野を作らないようにすることがセンター対策ではとても大切です。

 

  今回はごく簡単に夏休み中の勉強の仕方について文系の皆さんに役立つ情報を考えました。次回は理系志望者、医療・看護系志望者の皆さんに必要な勉強とは何かを考えましょう。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 那賀高校

 岩出中学 専用

 個別進学塾

 優俊ゼミ

◆◆◆◆◆◆◆

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士