【大学入試】センター試験まであと1カ月……最後の追い込み!

【大学入試】センター試験まであと1カ月……最後の追い込み!



  高校3年生の皆さんは、ついにセンター試験まであと1ヶ月半ほどとなりました。最終仕上げの段階ですね。これから年末までの時間をどのように過ごすかが、最後に成績がもうひと伸びするかどうかの分かれ道になります。


まずはどこを目指すかが大事!


  残された時間が短いことを考えると、ただ何でもかんでも勉強すればよいわけではありません。これからするべき対策は、センター試験対策、私立大学の一般入試対策、国公立の2次対策など様々です。それで、まずは自分がどこに照準を合わせているのかを考えてください。国公立大学を目指す人は、センター試験で確実に得点する作戦を立てましょう。一方、私立大学を目指している人でセンター試験も一応受けるという皆さんは、センター試験よりも私立の一般入試対策に力を入れてください。



ポイントは、「合格最低点」を知ること!


  この時期、皆さんは赤本や大学説明会でもらった過去問を演習していると思います。赤本(または過去問)には問題だけでなくもっと大切な情報が載せられています。そのひとつが「合格最低点」です。合格最低点は、だいたい文系で得点率60~70%台、理工系で50~60%台です。この合格最低点を超えるように、作戦を立てましょう。


  例えば私立大学の文系を考えてみましょう。私立大学文系は、3教科入試のところが多くなっています。ただ、3教科で平均60%を目指すといっても、一律60%をとろうと思うと大変です。自分の得意不得意にあわせて、3教科でそれぞれ、50%、60%、70%の得点率で合格最低点を狙うほうが効率良く時間を使える、という人も少なくありません。自分がいま、過去問を解いてみてどれくらい点数がとれているか考えてみましょう。もちろんすべてが60%を越えれば文句ないのですが、実際には得意・不得意があるものです。トータルで合格点を越えるためには、どの教科をどの程度勉強すればよいのか、ぜひ考えてみてください。この時期は賢い作戦の立て方が重要になります。ぜひ塾で担当の先生に、自分の実力からするとこの時期どんな勉強をどんな問題集を使ってすればよいか相談しておいてください。時間を無駄にしない勉強を心がけましょう。


  残された時間はわずかですが、その時間ででも最終調整が可能です。ぜひ、自分に合った得点プランを考えておきましょう。




 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  那賀高校 & 岩出中学 専用

  個別進学塾 優俊ゼミ

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士