【大学入試】いよいよ「公募推薦」! そもそも公募推薦とは?②

【大学入試】いよいよ「公募推薦」! そもそも公募推薦とは?

 

  前回に続いて、「公募推薦入試」について説明します。

 

  前回、那賀高校から公募推薦で志望校を受験する受験生で不合格になる人も少なくないのはなぜか?という質問をしたところで終わっていました。この間説明したように、公募推薦は試験が簡単で、科目数も少ないのに、なぜ不合格になることが多いのでしょうか?

 

  大きな理由の一つは、ずばり「準備不足」です。つまり入試対策が間に合わないのです。準備が不十分なまま受験、本来の実力を出し切れずに不合格……となるケースが非常に多くあります。特に、クラブ活動の終わる7月や8月から勉強を始めたという人の場合は、対策時間が少ないため厳しい結果となることが少なくないんです

 

  ですから、まず大切なのは、早めの対策です。高1や高2の皆さんは、入試はまだ先だと思っていませんか? 今が公募推薦の時期だということは、高2の皆さんは入試まであと1年ということです! 高校入試と違い、大学入試はするべき勉強がたくさんあります。進学校の多くは2年生のこの時期から3内容を学習していて、そろそろ入試問題の演習に取り掛かろうとしています。皆さんは受験勉強を始めていますか?

 

  また、公募推薦が塾生の皆さん、残り時間が少ないからこそ今何をすべきかの選択は非常に大切です。今何をしたらいいか迷ったときは塾で先生に聞いてみてくださいね。問題集の選び方はもちろん、その問題集をどのように使うか、過去問をいつどんな方法で解くか、試験直前にしておくべき勉強は何かをしっかり確認しておきましょう。準備期間が短くても、効率よく対策することで合格を勝ち取った先輩たちもたくさんいます。あきらめないで、残された時間を効果的に使ってください。

 

  公募推薦で他にも分からないことがある場合は、塾で先生に尋ねるか、メールで確認してください。また公募推薦の出願先は塾に忘れずに報告してください。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆

 那賀高校

 岩出中学 専用

 個別進学塾

 優俊ゼミ

 

◆◆◆◆◆◆◆

コンテンツ

コース紹介

講習やキャンペーン情報

勉強と受験に役立つ情報

【顧問法律事務所】
弁護士法人
咲くやこの花法律事務所 

【顧問弁護士】
西川暢春 弁護士